ハンコの製造過程 木口印章彫刻
篆刻水晶彫刻
刻字表札
ゴム印ARP樹脂印
印章ケース

牙・角・木などの印材を通称で木口と呼びます。

 木口印章彫刻は大きく分けて布字・荒彫り・仕上げの3工程あります。

 

1、 布字までの準備

・印面調整(印面を平らに擦る)

・印面に朱墨を塗り、字割をする。

   
   
 

2、布字

・彫刻する文字をバランスよく逆さ文字で印面に筆で書きこむ。

 
 
 
 
 

3、荒彫り

・筆で書いた部分を残して朱の部分を荒彫り用の工具で彫る。

 
 
   
 

4、仕上げまでの準備

・印面調整(印面を平らに擦る)

・墨打ち(荒彫りで作った凸凹の凸の部分に墨を打つ)

   
   
 

5、仕上げ

・仕上げ刀で文字の形を整える。

 
 
   
 

6、さらい彫り

・仕上げで削った部分を荒彫り用の工具で彫る。