ハンコの種類・用途 材料の種類
書体の種類
用途の種類
ゴム印・印章ケース、表札等

 

材料の種類

黒水牛・牛角(白)・牛角(色)・サイなどがあります。 


黒くつやのある美しさが風格を醸し出す黒水牛、。そして、透明度のあるベージュ色に黒や茶褐色の模様が特徴の牛角は、美術品のような高級感を持ち、ともに、最もポピュラーな素材です。

象・鯨・カバなどがあります。 


彫りに適したほどよい硬さで、精密な仕事に向いています。
特に象牙は耐久性に優れ、数世代にも渡って使用できる天然の素材です。

“アイボリー”とは、象牙色のこと。いつの時代にも、いつまでも変わらない気品と質感の美しい最高級の素材として長い間親しまれてきました。


柘・紫檀・白檀・竹根等があります。 


木のハンコといえば、ほとんどが柘、成長が遅いため、緻密で硬く印材には最適です。


淡黄色で美しい木肌は使うほど手に馴染み、丈夫で気軽に使えるのがイイところです。他の素材と違うところは、なんといってもこの軽さ。携帯性に優れているのはもちろん、使う時の温かな感触も魅力です。


ろう石・水晶・めのう・虎目石・ひすい・砂金石等があります。


水晶といえば山梨県が有名なのですが、今ではほとんど輸入されているのが現状です。


しかし、長い間育まれた彫刻の技術は、今日も受け継がれています。色とりどりに輝く宝石に刻まれた美しい文字。特別なものとして根強い人気があります